ご質問・ご要望はこちらまで

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 環境に対する取り組み
  • 事業所紹介
  • 採用情報
  • 会社概要
ホーム > 商品一覧 > 保温・保冷・防音工事用 > 断熱材用  > スプレーボンドG1

商品詳細

スプレーボンドG1
スプレーボンドG1

国土交通大臣認定品 F★★★★                                              JAIA 4VOC基準適合

グラスウールやロックウールとガラスクロスを接着施工するのに適しています。スプレータイプの速乾形です。

使用方法

注意事項


SDS/MSDS (PDFは別ウィンドウで開きます)



商品詳細

容量
容量 420ml 
梱包単位 20 
梱包形態 スプレー缶  
用途
適用箇所 屋内
適用下地 グラスウール、ロックウール
適用仕上げ材 ガラスクロス
性質
外観 黄白色 液状
主成分 合成ゴム系
張り付け可能時間-
標準使用量

4~6㎡/缶

使用方法

 

1.使用前にスプレー缶をよく振ります。

2.被着体から20~30cm離して吹き付けます。

3.吹き付け後1分程度放置し、張り付けます。

4.使用後はスプレー缶を逆さにして空吹きします。

 

注意事項

スプレーボンドG1を使用する前に以下の項目に注意して下さい。

●人体に向けて使用しないで下さい。

●接着用途以外には絶対に使用しないで下さい。

●品種の異なる材料と混合しないで下さい。

●使用・保管は5~35℃の環境下で、着火源や加熱源を断ち、換気の良い場所で行って下さい。

●引火性のある溶剤を含んでいます。使用時・取扱い場所は火気厳禁とし、「火気厳禁」「立入禁止」の表示を行って下さい。

●取扱い場所及び作業場所は換気頻度を多く取って下さい。(施工中は窓を開け、施工後も日中は10日間前後、常に窓を開ける)。

●暖房器具(ファンヒーターなど)の周囲は、温度が上がり破裂する危険性がありますので置かないで下さい。

●冬場に缶を暖める必要がある場合には、直火や暖房器具などによる加熱を避け、

 暖かい室内などで時間をかけて温めて下さい。

●缶の錆による破裂を防ぐため、水廻りや湿気の多い場所に置かないで下さい。

●使用後、火中に捨てないで下さい。

●中身が残っていると、ごみ収集処理の際に破裂することがあります。

 火気のない戸外でボタンを押し、使いきってから破棄して下さい。

●キャップや押しボタンは取り除いて破棄して下さい。なお、容易に取り外せない場合は、無理して外さないで下さい。

●使用・保管は、関係法令の定めに従って下さい。

●使用中に身体に異常を感じた時は直ちに使用を止め、換気のよい場所で安静にし、必要に応じて医師の診断を受けて下さい。

●直射日光の当たらない屋内に場所を定めて保管して下さい。

●子供の手の届かない所に保管して下さい。

●眼に入った場合には多量の水で洗い、必要に応じて医師の診断を受けて下さい。

●誤飲防止と食品への混入を避けるために、保管場所は食品と区別して下さい。

●使用済み容器などは、許可を受けた産業廃棄物処理業者へ処分を委託して下さい。

●河川・湖沼・下水道などへ流入させないで下さい。

●ご不明な点は当社営業担当にお問い合わせ頂くか、安全データシート(SDS)またはカタログをご参照下さい。

●スプレーボンドG1をご使用になる前には、商品容器の表示事項をよくお読み下さい。

 
メールでのお問い合わせ