ご質問・ご要望はこちらまで

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 環境に対する取り組み
  • 事業所紹介
  • 採用情報
  • 会社概要

商品詳細

TAグラウトEP JAIA F☆☆☆☆
TAグラウトEP

エポキシ樹脂系二液形目地材
化学反応形無溶剤タイプ
主 剤:指定可燃物可燃性固体類
硬化剤:指定可燃物可燃性固体類

硬化後優れた耐薬品性及び耐油性を発揮しますので、酸やアルカリなどの薬品を取扱う化学工場・食品工場・温泉洗い場などのタイル用目地材に適しています。また、硬化後は高強度である為、乾式床や床暖房などの床タイル施工の目地材としても使用できます。

使用方法

注意事項


SDS/MSDS (PDFは別ウィンドウで開きます)



商品詳細

容量
容量 4kgセット 主剤:2kg 硬化剤:2kg 
梱包単位 1セット 
梱包形態 ポリ容器  
用途
適用箇所 屋内の床面及び壁面
適用目地巾:2~12mm
適用タイル:セラミックタイル(陶磁器質タイル、せっ器質タイル)
但し、表面に凹凸があるタイルは除く
性質
外観 主剤(A剤):茶色 ペースト状 、 硬化剤(B剤):グレー ペースト状
主成分 主剤(A剤):エポキシ樹脂 、 硬化剤(B剤):ポリアミドアミン
張り付け可能時間張り付け可能時間
標準使用量

◆混合比(重量比)、主剤(A剤):硬化剤(B剤)=1:1

●300mm × 300mm のタイルで3mmの目地巾、8mmの目地深さで施工した場合

  0.32~0.39kg/㎡、10.3~12.5㎡/4kgセット

●100mm × 100mm のタイルで3mmの目地巾、8mmの目地深さで施工した場合

  0.90~0.98kg/㎡、4.1~4.4㎡/4kgセット

使用方法

 

【下地の確認と掃除】

1.仕上げタイルが動かないことを確認します。

2.目地充てん部のゴミ・埃・油分などを取り除きます。

【目地材の混練】

1.主剤と硬化剤を 1:1(重量比)となるように取り出します。

チェック:主剤と硬化剤は別々のヘラで取り出して下さい。

2.取り出した目地材を均一になるまでよく混ぜ合わせます。

チェック:・混ぜ合わせが不充分ですと硬化不良を起こす事がありますので、充分混ぜ合わせて下さい。

     ・一度に練り混ぜる最大量は、各500g(計1kg)にして下さい。

     ・可使時間(拭き取り可能時間)は環境温度により異なります。夏場は塗布後すぐに拭き取りを行って下さい。

【目地詰め】

1.施工面に目地材を塗布し、ゴムゴテを用いて目地部が完全に充てんされるように塗り込みます。

チェック:目地幅の適用範囲は、2~12mmとして下さい。

2.ゴムゴテをタイル面へ垂直に立てて、タイル表面の余分な目地材をできるだけ取り除きます。

【清 掃】

1.目地材充てん後にタイル表面に残った目地材は、充分に水を含ませたスポンジで水を馴染ませるように叩きながら拭き取ります。

チェック:表面にできるだけ目地材が残らないように、この段階で綺麗な水で拭き取って下さい。

2.目地材の表面が締まっている事を確認後、再度綺麗な水を用いて、良く絞った布でタイル表面に残った目地材を綺麗に拭き取ります。

チェック:・無施釉で細かな裂け目など微粒子が詰まる恐れのあるタイルでは、着色料が残るため、注意して使用して下さい。

     ・硬化した目地材は、溶剤やシンナーなどを用いても除去できませんのでタイル表面や使用器具などに付着したものは、硬化する前に取り除いて下さい。

【養 生】

目地材が硬化するまで(12時間以上/23℃・72時間以上/5℃)外力が加わらないように養生します。

チェック:養生中に施工部位に外力が掛った場合に、欠損や変形が起きる可能性があります。

 

注意事項

TAグラウトEPを取り扱う時は、下記の項目を守って下さい。

● 指定用途以外には絶対に使用しないで下さい。

● 混合比(重量比)は主剤:硬化剤=1:1の割合です。

● 主剤と硬化剤は、充分混ぜ合わせて下さい。

● 一度に多量を混ぜ合わせると急激に発熱する恐れがあります。1回の混練は1kg以内として下さい。

● 品種の異なる目地材や溶剤と併用、混合しないで下さい。(指定の主剤と硬化剤を使用して下さい)

● 一度混ぜ合わせたTAグラウトEPは、保管できません。(混合物は容器に戻さないで下さい)

● 施工後、使用される薬品の濃度や環境条件によっては目地材が黄変する恐れがありますので注意して下さい。詳細は、当社営業担当までお問い合わせ下さい。

● 5~35℃の環境で使用・保管して下さい。保管温度が著しく異なりますと、可使時間などが大きく異なったり、物性が低下する恐れがあります。

● 取り扱い場所及び作業箇所は換気を行って下さい。(施工中は窓を開け、施工後も日中は4~5日間、常に窓を開ける)

● 可燃性があります。使用時・取り扱い場所は、火気に注意して下さい。

● 保管・取り扱い時は「消防法」や「労働安全衛生法」などの法令に従って下さい。

● TAグラウトEPは皮フに触れたり蒸気を吸入すると、健康障害や皮フ障害(カブレ)などを起すことがあります。使用時は保護具を着用して下さい。

● 開封したTAグラウトEPは、できるだけ早く使い切って下さい。

● 目・鼻・皮フに炎症を起こすことがありますので、使用時は取り扱いに充分注意すると共に、適切な保護具を着用して下さい。

● 直射日光の当たらない屋内に場所を定めて保管して下さい。

● 子供の手の届かない所に保管して下さい。

● 使用後や休憩前には、手洗いやウガイを行って下さい。

● 使用中に身体に異常を感じた時は直ちに使用を止め、換気のよい場所で安静にし、必要に応じて医師の診断を受けて下さい。

● 目に入った時は直ちに清水で洗い流した後、医師の診断を受けて下さい。

● 誤って飲み込んだ時は直ちに医師の診断を受けて下さい。

● 皮フや衣服に付いた時は洗い落として下さい。

● 誤飲防止と食品への混入を避けるために、保管場所は食品と区別して下さい。

● 使用済み容器などは、許可を受けた産業廃棄物処理業者へ処分を委託して下さい。

● 河川・湖沼・下水道などへ流入させないで下さい。

● ご不明な点は、当社営業担当にお問い合わせ頂くか安全データシート(SDS)をご参照下さい。

● TAグラウトEPをご使用になる前には、商品容器の表示事項をよくお読み下さい。

 
メールでのお問い合わせ