ご質問・ご要望はこちらまで

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 環境に対する取り組み
  • 事業所紹介
  • 採用情報
  • 会社概要
ホーム > ここがポイント!施工技術 > 材料編 プラスチックス系床材

ここがポイント!施工技術

材料編 プラスチックス系床材

床の仕上材は木材系、繊維系、プラスチックス系など様々であるが、その中で最近はプラスチックス系床材が多くなってきている。中でも塩化ビニルシートを主体とした素材が最も多い。
ところでそのシートはどのようにして製造されており、どのような特長を持っているのか。建築で使用されている材料の全てに精通している人は意外と少ない。出来上がった材料を施工するという考えから一歩踏み出すと今まで見えてなかったものが見えるようになってくる。今回は塩ビシートの代表的な製造方法と施工上の注意点を紹介する。

1.プラスチックスの成形方法
プラスチックスの成形方法の代表的なものは以下のとうり。
①射出成形 Injection Molding(インジェクションモールディング)と呼ばれ、金型の中に溶解した樹脂を圧力を加え流し込み、流し込んだ樹脂が冷却した後に金型を開き成形物を取り出す。
バケツ、車の部品、プラモデルなどの成形に利用される。
②押出成形 射出成形と同じ様に金型の中に溶解した樹脂を圧力を加え流し込むが、金型は孔が開いておりそのまま樹脂の流れによって引き出す。金型というよりノズルといった方が分かりやすい。
ジョイナー、塩ビパイプなどに利用される。
③真空成形 主にシート状になったものを一定の形にするのに利用される。金型又は木型(凹形)に孔をあけその上に熱で柔らかくなったシートを乗せ型の方から吸引する。
型とシートの間が真空になり、型の形状が出来上がる。オートバイのフード、食品のパッケージなどに利用される。
④ブロー成形 金型の中は雄型が無く金型上部から溶解した原料を流し込むが、その後風船の様になった樹脂に圧縮空気を入れ、金型に密着させる。
主にペットボトル、食品(醤油、油)容器などに利用される。
⑤カレンダー加工 ホッパーに原料を入れ、すぐ下にある加熱ロールで圧力を加えながら一定の厚みに引っ張り出します。その後いくつかのロールの間を通って厚み調整されながらシート状のものが出来あがる。
途中で異なる材質のシートと合わせたり、裏打ち材を合わせたりする。ロールに凹凸を付け各種の模様をつけることも出来る。主に長尺床材、壁装材などに利用される。
2.カレンダー加工での材料の特性
上記成形方法で注意したいのは樹脂の流れである。射出成形では樹脂が入ったところから出口までの流れができるし、押出成形ではノズルから引っ張られる方向に樹脂の流れ、ねじれなどができる。
カレンダー加工の特長は何本かのロールで圧延されるように加工される。従って加工が終わった後の材料は引張り方向には「チジミ」が発生する。幅方向には「ふくらみ」が発生しやすくなる。 最近は可塑剤などが余り使用されなくなったためその傾向は少なくなったが、施工上では充分注意する必要がある。
ポイント・・・材料の作り方を知り特性を知る。
メールでのお問い合わせ