ご質問・ご要望はこちらまで

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 環境に対する取り組み
  • 事業所紹介
  • 採用情報
  • 会社概要
ホーム > 沿革 > 第10回 ISOへの取組み (2004年6月)

沿革-タイルメント50年の歩み

前へ第10回 ISOへの取組み (2004年6月)次へ

ISOへの取組み

ISO9001 2000年度版登録証
ISO9001 2000年度版登録証

平成8年8月23日、大垣工場においてISO9002取得の「キックオフ」が宣言された。
ISOの目的は憲章によると「製品やサ-ビスの国際交流を容易にし、知的、科学的、技術的及び経済活動における国際間の協力を助長するために、世界的な標準化及びその関連活動の発展促進を目指している」とある。
当社では品質基本方針「お客様の信頼に応える製品を生み出す企業作り」をモット-に、中部産業連盟の指導を受け活動を開始した。JQA(日本品質保証機構)の2度の予備審査、中産連による模擬審査の後、平成9年10月 本審査を受け同年10月30日付けを持ってISO9002(JQA-1937)の認証を受けることが出来た。

もちろん接着業界では最初の承認となった。
翌平成10年には技術開発センタ-、総務、営業も含めISO9001格上げ審査に向け取り組みを開始、平成11年4月に審査をうけ、6月25日付けで認証された。

2000年にはマネ-ジメントシステムが改正され其の要求事項は「顧客満足度の向上」を色濃く反映したものとなった。
平成14年11月、新たに開発部を加えた全社体制で2000年対応の審査を受け12月に認証された。
また関連会社のタイルメントタイランドにおいても平成14年10月、ISO9001,2000をJQAの承認(JQA-QM8864)を受けた。

また第6次中期経営計画書には更なる挑戦としてISO14000取得が盛り込まれている。

社内報「NetWork」2003/1より

前へ第10回 ISOへの取組み (2004年6月)次へ
メールでのお問い合わせ